肥満症の食事療法ポイント

肥満の大きな原因は、エネルギーの過剰摂取してから、消費エネルギー不足で、人体に蓄積するということです。つまり、食べ過ぎと運動不足です。肥満すると、糖尿病や高血圧、痛風、脳出血などの生活習慣病を発病しやすくなります。生活習慣を見直すことが健康のために。しかし、多くの人は認識が間違えています。肥満症のダイエットの目的は、生活習慣病の改善とそれによる発病のリスクを取り除いていくことです。モデルのようなプロポーションを目指すことではありません。肥満症を解消する方法はほぼ二つがあります。食事療法および運動療法です。今回は、食事療法を中心に注意ポイントを説明します。

1.栄養バランスを偏らないように
食事から摂取するエネルギーの量をコントロールしますけど、必要な栄養素はしっかりと確保することも健康を維持する上では重要なポイントになります。エネルギー不足に加えてたんぱく質やミネラル・ビタミン不足にもなり、便秘やむくみ、皮膚トラブルや貧血、抜け毛などの原因になってしまいます。1日3食、主食の炭水化物(脳や神経系のエネルギー補給)と主菜のたんぱく質、副菜でビタミンやミネラル、食物繊維をそろえて栄養バランスの良い食事を食べるようにしましょう。

2.エネルギーの摂取量をコントロールする
摂取するエネルギーは消費するエネルギーより多いなら、過剰の部分は脂肪になって、人体に積み重なります。それために、摂取するエネルギーを減らして、体内の脂肪量を減少することが必要です。具体的にいくらカロリーを減らすことが個人によって差があります。個人の年齢、性別、体重、肥満程度及びほかの併発症の有無に関係があります。一般的には基準体重あたり1日に25-30kcalの範囲で設定することが多いです。それから、毎日カロリーの摂取量を計算してくだい。
摂取カロリー=基準体重(kg)*25kcal
基準体重(kg)=身長(m)*身長(m)*22

3.食べ方を見直す
摂取エネルギーを減らすには食べ方を見直すというのも大切なんです。まず、時間をかけてよく噛んで食べます。または、間食をしません。このようなことを意識しながら食事を摂ることで効率よく摂取エネルギーを減らすことができます。また、アルコール類は自制心のゆるみを招きやすいのでお酒を抑制することも大切です。

肥満症はエネルギーの過剰摂取することだけでなく、肥満症による併発症、あるいは、生活習慣病になるリスクもたかくなります。モデル用に状態ではなく、ただ健康のために。